フランチャイズのメリット

手っ取り早く自分だけのお店を持ちたい、独立・開業したいがどうすればよいか皆目見当がつかない人に人気なのがフランチャイズを利用した開業です。

コンビニエンスストアやコーヒー店、クリーニング店、学習塾など、現在は本当に様々な業種・業態にてフランチャイズが行われています。

1.一般に広く知られているチェーン名やマーク、イメージを利用できることにより、起業した直後から消費者の安心を得ることができます。

 

2.フランチャイズでは、フランチャイザー(フランチャイズ本部)から事業経営に関する様々なサポート(店舗運営や売上拡大、接客は販売ノウハウ等)を受けられるので、本当に未経験であっても苦労なく出店までこぎつけることができます。

 

3.フランチャイズ本部が過去に蓄積した実績と経験に基づき事業を行なうので、個人で開業する際に比べると圧倒的にノウハウの量がちがいます。そのため、個人で開業する場合と比較して成功する確率が高くなっています。

 

4.フランチャイズ本部による経営指導(税務・会計・法律など)や援助(新商品開発、仕入れ確保、販売促進、教育など)が受けられ、営業に専念できますし、融資も個人で開業するよりは受けやすくなっています。

 

5.脱サラをして起業をしたいけれど、未経験だし不安だという場合に、うってつけなのが、フランチャイズです。サポートをうけながら独立した事業者として営業できます。

 

6.商品仕入れや物流そのものをフランチャイザー(フランチャイズ本部)にすべてお任せできてしまうため、本部が大量に仕入れ配送ルートをつくっているため、質がよくて安価な商品や材料を仕入れることができ、店舗に配送もまとめてスムーズに行えます。

 

7.個人で始めると、開業する賃貸物件の手配から契約手続き、店舗の改装の業者の選定から資材の手配に係るまですべて自分自身の責任で行わなければならないため、まず開業にこぎつけるまでが大変であるといえますが、フランチャイズは開業物件立地調査を本部に依頼できる場合もありますし、物件を自分で決定した場合においても、店舗改装などはすべて本部に任せる場合が多く、開業までの準備期間において本部のサポートをフルにうけられます。

 

8.個人事業で広告費をかけようとすれば、ほんの新聞に折り込みチラシを入れるだけで、印刷代や折り込み手数料で十数万は簡単にかかってしまうにもかかわらず、その費用に対して効果はといえば、いまいちであるのが実情です。フランチャイズの場合は、広告・宣伝など、スケールを生かした販売促進活動をしているため、新たに広告宣伝費をかけることなく、開業当初からテレビCMや全国雑誌の広告に掲載をされることが可能なのです。

 

以上、フランチャイズのメリットをいくつかあげてみましたが、事業経験のない方にとってみれば、開業までのプロセスとその後の経営の多面的なサポートを考えると、これほど効率的なものはないといえるでしょう。