フランチャイズ本部の選び方

フランチャイズで開業したい方の心配事として一番大きいものとして、「加盟するならどのフランチャイズ本部が良い(安心)か」といったことではないでしょうか?

一方向からの評価では評価しきれないため、資料をしっかりと集めたうえで、体系的・統合的に把握することが大切です。

 

社会的に貢献しているイメージの良いFCであるか?

企業が社会の構成員として果たすべき役割・責任を考えて社会に貢献すべきという考え方(CSR)という考え方はご存知かと思われます。大企業であればあるほど、業績のよしあしと同じくらいにCSRをしていることは大切です。その会社が社会で認められるかどうかに大きくかかわる要素のひとつでもある、CSRは、フランチャイズにとっても同様です。フランチャイズ本部がイメージのよい企業であればあるほど、売り上げに大きく左右されるのは間違いありません。イメージ良さは強みです。

 

財務諸表の内容は?

FC本部の経営主体の持続可能性と企業価値を最も端的に示すのが財務諸表です。お金がなければ加盟店への強いサポートやさらなる事業投資が期待できません。財務諸表を基に、収益性、安全性、成長性、生産性などを総合的に比較してみるとよいでしょう。

最低でも数期分は比較する必要があるでしょう。

 

情報を得やすいFCかどうか?

情報公開度は単なる情報の量の割合ではなく、情報の質(分かりやすさ)、提供方法(入手しやすさ)なども合わせ、比較してみましょう。パンフレットだけでの情報収集だけでなく説明会で質問をしてみてもよいでしょう。

 

加盟店のサポート体制は?

加盟店の成長・発展に必要不可欠なサポートをFC本部ができるかを、スーパーバイザー、販促・物流・経営支援、マニュアル、教育システムなどから比較してみましょう。

本部からのサポートはフランチャイズでの起業でのメリットのひとつです。信頼できるフランチャイズ本部を選ぶだけでなく、理念等自分が受け入れやすい内容であるかをひかkするのも大切です。

 

加盟店の成功率はどれくらいでしょうか?

加盟店成功度とは、既存加盟店の成功度を、店舗収益性、投資収益性、加盟満足度、加盟リスクなど、総合的に比較してみましょう。

 

事業の将来性があるか?

以上のすべてのデータを総合的に判断して、FC本部の事業の内容および今後の動向が、将来性を感じられるものでしょうか。

 

 

資料を取りそろえたうえで、素晴らしいFC本部だと感じたとしても、すぐに加盟を決定してよいのでしょうか?FC本部の会社の考え方や理念が加盟希望者当人に納得のいくものであるか?ということも実はとても大切です。会社というものは、大なり小なり企業文化(社風・風土)というものを保持しています。実際のFC加盟契約締結の際には、この点もしっかりと熟考しなければならないでしょう。